住宅ローン控除が使える耐震基準適合証明書 記事一覧

耐震基準適合証明書 関連記事案内

当研究所の耐震基準適合証明書の発行業務案内


プレハブ・マンションも可能な耐震基準適合証明書

築20年(マンション等は25年)を超えた中古住宅(新耐震)において、住宅ローン控除等の税制特例措置を受けるために必要な耐震基準適合証明書が発行できるかどうかを一級建築士が調査し、国土交通大臣認定の耐震診断より可能判定(合格)となった場合は適合証明書を発行します。費用負担リスクが小さい停止条件付の調査です。

大臣認定診断法による耐震基準適合証明書の詳細はこちら↓

プレハブ・マンションも可能な耐震基準適合証明書




一番上に戻る                      

耐震基準適合証明書の関連記事 一覧


●マンションと一戸建ての耐震基準適合証明書の違い

マンション用の耐震基準適合証明書ってある?       

●不動産売買契約書の隠れた落とし穴

契約書次第で住宅ローン控除が不可に!?         

●住宅購入の税金対策は時間との闘い

買主にとっても引き渡しは恐怖の締め切り!?       

●耐震基準適合証明書の申請者が売主である理由

なぜ減税を受けたい買主が申請できないのか?       

●耐震基準適合証明での申請書の必要性

耐震基準適合証明書の最大の弱点とは?          

●耐震基準適合証明書の調査対象範囲

専有部分は耐震に関係ないから調査不要か?        

●同一マンションの別住戸での耐震基準適合証明

同じマンションなら当日に取得できる?          

●税の特例措置のために発行される証明書

耐震基準適合証明書は何の役に立つのか          

●耐震基準適合証明書の効果計算ソフト

中古の住宅ローン減税額を計算してみよう!         

●トータルでもお得になるかは別途確認が必要

住宅ローン控除を最大にする方法             

●耐震基準適合証明書が必要になるのはいつか

日付を間違えて住宅ローン控除が受けられない?      

●多くの人が関係する適合証明手続き

耐震基準適合証明書はすぐに発行できるのか?       

●新耐震設計基準と旧耐震設計基準の共通点

旧耐震では震度6以上は想定外というのは本当か      

●新耐震設計法の特長

新耐震の方が強度が大きいとは限らない?         

●新耐震設計基準への適合に必要となる技術

耐震設計を手計算でやっていた時代がある         

●適合証明のキーとなるものは何か

新築物件の7割に違法な行為があった!?         



一番上に戻る                      


適合証明 総合案内に戻る             



  1. 地球デザイン研究所
  2. 適合証明調査
  3. 耐震基準適合証明書