適合証明なしでフラット35が使える時がある

フラット35適合証明書が省略できる条件


マンションの場合


フラット35(マンション) 適合証明書が省略できるもの

物件および融資の条件金融機関に提出するもの
築年数20年以内の長期優良住宅認定マンション中古住宅(長期優良住宅)に関する確認書
新築時にフラット35を利用した安心R住宅(適合確認日1年以内)中古住宅(安心R住宅)に関する確認書
新築時にフラット35を利用した築10年以内の中古住宅中古住宅(築年数10年以内)に関する確認書
団体登録住宅であるである中古住宅(査定時点検日1年以内)中古住宅(団体登録住宅)に関する確認書
「中古マンションらくらくフラット35」に登録されたマンション適合証明省略に関する申出書
フラット35借換融資における
新耐震以後の物件
借換対象住宅に関する確認書

○「中古マンションらくらくフラット35」に登録されている物件が、フラット35に適合していない場合は、フラット35を利用での省略は出来ません。中古住宅適合証明書が必要となります。

○「中古マンションらくらくフラット35」の登録物件については、住宅金融支援機構のHPにて確認が出来ます。

●連続建て、重ね建ておよび2階建て以下の共同建ての集合住宅は対象外です。ただし、借換融資の場合は「一戸建て等」として適合証明書を省略できる場合があります。


フラット35適合証明書の関連記事一覧 はこちら     


一戸建て等の場合


フラット35(一戸建て) 適合証明書が省略できるもの

物件および融資の条件金融機関に提出するもの
築年数20年以内の長期優良住宅中古住宅(長期優良住宅)に関する確認書
新築時にフラット35を利用した安心R住宅(適合確認日1年以内)中古住宅(安心R住宅)に関する確認書
新築時にフラット35を利用した築10年以内の中古住宅中古住宅(築年数10年以内)に関する確認書
団体登録住宅であるである中古住宅(査定時点検日1年以内)中古住宅(団体登録住宅)に関する確認書
フラット35借換融資における
新耐震以後の物件
借換対象住宅に関する確認書

○「新耐震以後の物件」とは、建築確認日が昭和56年6月1日以後、または新築日が昭和58年4月1日以後の物件です。

○一戸建て住宅のほか、連続建て、重ね建ておよび2階建て以下の共同建ての集合住宅も対象となります。



フラット35適合証明書の関連記事一覧 はこちら     

  1. 地球デザイン研究所
  2. リスク負担で地球環境に貢献する
  3. フラット35適合証明書
  4. 適合証明なしでフラット35が使える時がある